残業時間が不安定だと色々と不都合がある

工場の求人を選ぶ際には、季節や日によって、残業時間に大きな幅がないかを確認することが大切です。様々な製品を作っている工場では、依頼によって作業量が増えて、残業が必要になることがあります。また、繁忙期のみ、残業が必要になるパターンも珍しくありません。そのような残業は、働く側にとって、生活リズムを崩す要因になります。特に、日によって残業時間が大きく異なる場合、生活が乱れる可能性が高いです。

残業時間が安定していないと、働く際のメンタルも不安定になりやすいです。毎日決まった時間働くのと、どれだけ働けば良いのかがその日になってみないとわからないのとでは、精神的な負担が違います。したがって、健康的に働きたいのであれば、残業になるべく幅がなく、安定している工場を選んだ方が良いです。

残業代目当てでの働き方がしにくい

工場の仕事は、残業代で大きく稼ぐという手もあります。残業は本来の勤務時間を超えて働くため、賃金を高くしなければならないと決まっています。そのため、効率的に稼ぎたい人は、積極的にすると良いです。特に夜勤は、ただでさえ給与が高いため、残業をすると収入アップが見込めます。 けれど、残業時間が安定しない工場では、そのような残業代目当てでの働き方が実現しにくいです。残業時間に大きな幅があると、残業時間が長い時期はしっかり稼げますが、残業が必要ない時期は当然稼げません。場合によっては、仕事がないという理由で早めに切り上げ、本来の勤務時間が短くなる恐れもあります。そうすると、残業代で収入を増やすことができません。そのため、残業代目当てで働く場合は、残業時間が安定している工場を選んだ方が良いでしょう。